鍵

被害がある

コウモリ駆除で知っておきたい事

日本の住宅に住み着く害獣は数多くいますが、その中でも人気のない生物がコウモリです。コウモリは逆さになって天井にぶら下がる事からも、気持ちの悪いと感じる人が多い生物なのです。また住宅に住み着く事も多く、天井に住み着くことで人間にとって有害になる事が多いのです。ここではコウモリ駆除の方法と、コウモリが人間に与える害について記述していきます。コウモリが人間に与える害としては、糞による害が一番大きいのです。屋根に糞をする事により、天井の隙間から糞が床に落ちてくるのです。糞の中にはばい菌や、ダニなどの人間の生活には害になるものが多く、健康被害がでてしまうのです。またコウモリは天井などの狭くて暗い場所に住み着く事から、ほこりで汚れている事が多いのです。

蓋をして侵入できないようにする事が大切

ですからコウモリが飛び回ることで、体についている汚れが部屋の中に入ってきてしまい、アレルギーになってしまう事もあるのです。こういった被害がでるようになった場合には、コウモリ駆除をおこなう事が重要です。コウモリ駆除の方法としては、コウモリが天井に入れなくなるように、外から侵入できる場所に蓋をしてしまうのです。そうする事によりコウモリは天井に行く事ができないため、住み着かなくなるのです。コウモリは夜にしか天井から外にでないため、昼間にコウモリ駆除をおこなおうとした場合は、まずコウモリを追い出す必要があるのです。コウモリの追い出し方としては、殺虫剤などのスプレーを天井に散布する事で、コウモリは逃げてゆくのです。